読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラカイドータ

 
 種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
 ガルーラ  ガルーラナイト  すてみタックル  けたぐり  かみくだく  ねこだまし
 ボーマンダ  ボーマンダナイト  ハイパーボイス  すてみタックル  おいかぜ  まもる
 グラードン  べにいろのたま  だんがいのつるぎ  ほのおのパンチ  みがわり  まもる
 カイオーガ  あいいろのたま  こんげんのはどう  れいとうビーム  かみなり  まもる
 ボルトロス  ゴツゴツメット  10まんボルト  でんじは  いばる  ちょうはつ
 ドータクン  メンタルハーブ  ジャイロボール  さいみんじゅつ  じゅうりょく  トリックルーム

 

 ジャパンカップ使用構築。おそらく既に誰かが公開しているようなグラカイドータ。

 ゼルネアスの扱いが最後まで分からなかったので、種族値が高く動きも単調なグラカイドータを使うことに決めた。

 ガルーラでゲンガーをむしゃむしゃすることができたので満足。
 ジャパンカップはグライベルパルシェンに1敗して4-1で終わり。

 

 

 

ディアオーガ

 
 種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
  ガルーラ  ガルーラナイト   すてみタックル  けたぐり   ふいうち  ねこだまし
 ディアルガ  オボンのみ   りゅうのはどう  かえんほうしゃ  トリックルーム  まもる
 カイオーガ  あいいろのたま  しおふき  れいとうビーム  かみなり  まもる
 ナットレイ  たべのこし  パワーウィップ  ジャイロボール  なやみのタネ  まもる
 ボルトロス  きあいのタスキ  10まんボルト  めざめるパワー水  でんじは  まもる
 ランドロス  こだわりハチマキ  じしん  いわなだれ  ばかぢから  だいばくはつ
 
 2月末にディアルガが強いと聞いたので、カイオーガと組ませるところから構築した。並行してグラードンでも考えはしていたけど、グラードンだと相手の重力グラードンが止まらなくなったので匙を投げた。
 
 ナットレイの悩みの種とディアルガの火炎放射が便利で、トリル中に出てくる相手のモロバレルナットレイにあまり苦労をすることがなかった。
  
 ディアルガカイオーガを使うにあたって、相手のグラードンはどうしても重くなりがちなので、ボルトロスのC176めざめるパワー水での処理を狙う。202大地耐えのグラードンが高乱数で落ちるのが良い。帯調整にして、222大地耐えのも落とせるようにと考えたけど、そんな調整のグラードンはあまり多いものではないし、重力断崖を耐えてめざ水を当てるプレイも出来たので、タスキが合ってた。なんやかんやでタスキは強引に居座るプレイが出来たので良い。
 
ボルトロスのめざ水でグラードンを、ディアルガの火炎放射でナットレイをワンパンしたり、ナットレイの悩みの種でモロバレルを無力化するのが非常に気持ちいい。
 
 お気に入りの構築ではあったが、vsドーブルが "がんばる" しかないので、ドーブル入りに対しては、ガルーラボルトロスを並べて、"がんばって"プレイして勝ったり負けたりしていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

グラキュレムその2

 種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
 ボーマンダ  ボーマンダナイト  ハイパーボイス  すてみタックル  おいかぜ  まもる
 ゲンガー  ゲンガナイト  ヘドロばくだん  たたりめ  さいみんじゅつ  まもる
 グラードン  べにいろのたま  だんがいのつるぎ  ほのおのパンチ  つるぎのまい  まもる 
 キュレムW  こだわりスカーフ  ふぶき  れいとうビーム  クロスフレイム  りゅうせいぐん
 ヤミラミ  メンタルハーブ  イカサマ  ちょうはつ  さきおくり  じゅうりょく
 エルフーン  きあいのタスキ  ムーンフォース  くさぶえ  アンコール  まもる
 
 その1構築時に、(相手に干渉する系の重力は)ヤミラミでいいかなって思ったので、ヤミラミでも組んでみた。
 こちらはトリルを絡めないので、グラードンは陽気最速になっている。
 
 威嚇兼追い風のためにボーマンダを入れているが、この枠はなんでもいい気がする。ヤミラミの起動が怪しいと思った際に出せるニャオニクスだったり、怯まない催眠術師のクロバットだったり。
 こういう構築は最速起きをされないことを前提に組んでるから、起きられたら運が悪かったかなって。
 
 草笛は強かった。ずるい。
 
 
 
 
 
 

グラキュレムその1

 
 種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
 ガルーラ  ガルーラナイト  すてみタックル  けたぐり  ふいうち  ねこだまし
 ゲンガー  ゲンガナイト  ヘドロばくだん  たたりめ  さいみんじゅつ  まもる
 グラードン  べにいろのたま  だんがいのつるぎ  ほのおのパンチ  つるぎのまい  まもる
 キュレムW  こだわりスカーフ  ふぶき  れいとうビーム  クロスフレイム  りゅうせいぐん
 ニャオニクス  メンタルハーブ  じゅうりょく  ファストガード  しんぴのまもり  トリックルーム
 ドーブル  きあいのタスキ  ダークホール  いかりのまえば  へんしん

 トリックルーム

 
 この構築の前にねこのてを組んでいたが、それについては某氏の記事が非常に良いので割愛
 
 ねこのてを使っていて、やっぱり催眠は強いと思ったので、2月上旬ぐらいに重力ダクホに目をつけた。
2上昇したA255だんがいのつるぎを使ってみたかったので、グラードンの性格は勇敢にし、トリックルームを絡める形となった。
 
 悪戯心で重力とトリックルームを覚えるポケモンニャオニクスしかおらず、消去法でこのポケモンを起動役に据えた。技構成も相手のファストガードやトリックガードで邪魔をされないように、相手のポケモンに直接影響を与えるような技は控えた。そういう相手に干渉する系のはヤミラミでやればいいかな。
 ただ技構成がバレると、完全に無視されてしまうのでファストガードは威張るに変えたほうが良かったのかも。
 
 ドーブルの変身は天候取り返しや、相手のトリル後の切り返しのアタッカーにトリル5ターン目に化けることで、悪くても五分五分に持ち込める愉快な技だった。
 
いかりのまえばと何かで相手を倒すってのが、WCS2010某所大会決勝っぽくて使ってて楽しかった。 
 
 
 
 
 

マニュレック

 

 種族持ち物  技1 技2技3  技4
 マニューラ  いのちのたま  つららおとし  はたきおとす  フェイント  ねこだまし
 レックウザ  こだわりはちまき  ガリョウテンセイ   ドラゴンクロー  しんそく   オーバーヒート
 カイオーガ  あいいろのたま  しおふき  れいとうビーム  かみなり  まもる
 クレセリア  オボンのみ  れいとうビーム  てだすけ  スキルスワップ  トリックルーム
 ファイアロー  いのちのたま  ブレイブバード  フレアドライブ  おいかぜ  ファストガード
 モロバレル  メンタルハーブ  くさむすび  きのこのほうし  いかりのこな

 まもる

ルール発表直後に作った構築の1つ。

レックウザの隣と言えばマニューラではないかと4世代GS動画を見ながら構築した。

マニューラの珠つららおとしで威嚇状態でもMボーマンダや乱気流状態のMレックウザを倒せることを知ってウキウキしたのを覚えている。

 

グラゼルネのミラーが分からなくなって構築したのもあって、マニュレックミラーでは、レックウザをHAファイアローに下げつつ、マニューラで相手のレックウザにつららおとしをして倒していた。

当時のレックウザは襷を持っていなかったし、マニュマニュ猫もしてくる人もいなかったので非常に心穏やかにMレックウザの処理ができていた。

 レックウザのドラゴンクローはvsボルトロスのため。 

度々、クレセリアモロバレルの持ち物が入れ替わったり、モロバレルが半減実を持つこともあった。

 

レックウザカイオーガナットレイがミラーしたときに最終的にナットレイのタイマンになるのが非常に嫌だったのでこの形にしていたが、食わず嫌いは良くないだろうと1月下旬にはファイアローモロバレルの枠をクロバットナットレイにしていた。

マニューラが意地珠ブレイブバードで倒されてしまうので、相手のファイアローが非常に強力。

エルゲングラゼルネ

 
 
 
 
種族 持ち物  技1 技2技3  技4
 ガルーラ

 ガルーラナイト

 すてみタックル  けたぐり   ふいうち  ねこだまし
 ゲンガー  ゲンガナイト  ヘドロばくだん   かなしばり  みちづれ  まもる
 グラードン

 べにいろのたま

 ふんか  だいちのちから  いわなだれ

 まもる

 ゼルネアス   パワフルハーブ   マジカルシャイン   ムーンフォース   ジオコントロール   まもる 
 エルフーン   きあいのたすき  おいかぜ  アンコール  ちょうはつ  まもる
ファイアロー   いのちのたま  ブレイブバード  フレアドライブ  おいかぜ

 ファストガード

ルール発表直後に組んだ構築の1つ。
 
先発ガルーラファイアローで追い風から3匹目特殊グラードンで噴火する動き方に加え、エルゲンで相手の行動を制限してからゼルネアスで積むことを目的に組んでいった。
 
ゲンガーで立ち回ると相手の3匹目におおよそグラカイのどっちかが出てくるので、ゼルネアスを守りながらみちづれで処理をするのが強かった。
トリックルームが非常につらいが、道連れ連打でどうにかなるだろうと思ってた。
どうにかなる相手とどうにもならない相手がいた。
相手のファイアローが非常に強力。