読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミミッキュ入りトリパ

気になったポケモンであるミミッキュと新しい機能(QRレンタルチーム)を使ってみたかった。

頭を捻らずに使えるガス抜きみたいな構築。

3ds.pokemon-gl.com

 

ヤレユータン

お猿さん。イカサマははらだいこカビゴンカミツルギへのせめてもの打点のため。

特性きょうせいの実装が待ち遠しい。

 

シルヴァディ

とてもつよいだいばくはつをするポケモン

同じ爆弾ならばカビゴンでも良いのではと考えたものの、シルヴァディの素早さ未満のポケモンに対しての圧を求めたためこちらにした。

トリパミラーのときはだいばくはつをせずに、すてみタックルいわなだれで相手を殴ることがあるが、あまりそのような機会に恵まれない。

いじっぱりこだわりハチマキだいばくはつの火力計算は楽しいので、各自でどうぞ。

 

ギガイアス

トリルアタッカー1匹目。自分が使うとそうでもないが、相手に使われると非常に厄介なポケモンだと感じている。選出誘導の力が秀でているのは素晴らしいと思う。

水技に対しては晴れで耐性をつけれるので、そこがまたコータスと噛み合ってる感じがして好き。

 

コータス

トリルアタッカー2匹目。晴れこだわりメガネさいはいふんかはとても強い。

天候変化ポケモンが2匹いるので、相手が雨パであってもギガイアスを後投げしながら、コータスを動かし続けるプレイが出来るのがとても良い。

 

ミミッキュ

人から話を聞いて、興味を引いたポケモン

最速Zシャドークローで相手のカプ・テテフを倒しにいく。構築の構成上、鈍足に見られがちなので、相手のミスを誘えてるような気がする。

楽にトリックルームを仕込める点や、主要な補助技を覚える点、特性により行動保障がかかっている点等、可能性を感じているポケモンなので、今後煮詰めていきたい。

 

ドーブル

トリルサポーター兼ヘイト集めのポケモンドーブルシロデスナを使っていた時に思ったのだが、ドーブルに複数の仕事を完遂させようとするのはとても難しい。

それ故に、この構築のドーブルがやるべきことはただ1つにして、明快である。

基本的にトリルサポートをしつつ、その後動けるようならがむしゃらを通していく。

本当はWCSルールであっても、lv1のまま使いたかった。

 

vsカビゴンはまあまあ辛い。vsギガイアスはとても辛い。

そもそも、のろいリサイクルカビゴンギガイアスの処理が楽なトリパなんて存在するのか。

バルジーナ入り構築とその雑感

Mandibuzz @ Sitrus Berry
Ability: Overcoat
Level: 50
EVs: 252 HP / 244 SpD / 12 Spe
Calm Nature
IVs: 0 Atk
- Foul Play
- Snarl
- Tailwind
- Roost

Arcanine @ Charcoal
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 236 HP / 4 Def / 156 SpA / 12 SpD / 100 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Heat Wave
- Burn Up
- Roar
- Protect

Garchomp @ Choice Scarf
Ability: Rough Skin
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 SpD / 252 Spe
Adamant Nature
- Earthquake
- Dual Chop
- Poison Jab
- Rock Slide

Tapu Lele @ Choice Specs
Ability: Psychic Surge
Level: 50
EVs: 236 HP / 12 Def / 164 SpA / 4 SpD / 92 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Psychic
- Moonblast
- Thunderbolt
- Dazzling Gleam

Mismagius @ Ghostium Z
Ability: Levitate
Level: 50
EVs: 60 HP / 28 Def / 164 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Shadow Ball
- Will-O-Wisp  
- Perish Song
- Protect

Kartana @ Assault Vest
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 116 HP / 4 Atk / 4 Def / 132 SpD / 252 Spe
Jolly Nature
- Leaf Blade
- Smart Strike
- Sacred Sword
- Night Slash

 

1つ前の記事と同じく、おいかぜ役+こだわりスカーフガブリアス+こだわりメガネカプ+カミツルギの組み合わせ。

前記事のファイアローを分解したら、バルジーナウインディになった。

バルジーナのポテンシャルは高いと思うものの、あちらこちらから自慢のバルジーナ対策を持ち出されるとそれに屈してしまうと思うので、マークが緩い今のうちに使っていた。

 

バルジーナ

耐久のあるおいかぜ役。ここまでとくぼうに振ると非エレキフィールドのカプ・コケコのZ10まんボルトまで確定で耐えるようになり、特殊方面での一撃処理が難しくなる。

採用されがちなちょうはつについては、トリックルームの起動を確実に止めるのはこのポケモンのちょうはつだけでは厳しいと思うことや、同族対決においても殆どSに割いていないこの配分では有効だとは思えず、イカサマとバークアウトの2種の攻撃技を採用した。

先発でスカーフガブリアスと並べて、おいかぜすることが多いが、後発から受け先として投げても非常に安定感がある。

素早さについては、少しSに振った程度ではHCベースのカプ・レヒレやミロカロスあたりの競争に巻き込まれるので、それならいっそこのことHSベースにし、ちょうはつを採用して、同族にもやどみがテッカグヤにも強く出れるようにしたほうがよいのかなと思ったり思わなかったり。

このポケモンを使っていて、ちょうはつをよく持っていて、一致で弱点をついてきて、さらにおいかぜで一方的な展開を仕掛けてくるプテラが若干だるいなと思ったので、バルジーナを使うならvsプテラとその隣に居ることが多いポケモンに対しては少し厚くマークをしておきたいかも。

 

ウインディ

某ブログから配分も技も拝借。先発のガブリアスの裏から出てくることが多い。

おいかぜ中に出てきて、強い炎技で相手に負担をかけていく。

もえつきるのタイプ消失については、こちらが攻めているときに相手の受け出しや死に出しでウインディの不利となるポケモンが出てきても、タイプを失くすことで相手からのダメージを軽減させるプレイをして、ウインディを生き残らせることで残数的に優位を取り続けることを意識した使い方をすればいいんじゃないかなと思った。

ほえるはガチガチのトリパだったり、イーブイ等を吹き飛ばすために使う。

 

ガブリアス

何も言うことはない。実数値200はとても強い。

このポケモンでいっぱいじしんが打てると、だいたい勝てる。

きあいのタスキフェローチェのちょうのまいを阻止するために、竜技はドラゴンクローではなく、ダブルチョップを入れた。

スカーフガブリアス記事をちょこちょこ見たので、Sを振り切って使っていた。

 

・カプ・テテフ

こだわりメガネを持ったおいかぜカプだと、最近はカプ・レヒレが多いので、素早さ種族値的にその上から殴れるカプ・テテフをおいかぜ中のアタッカーとして採用。

エスパーZを持たせて、守れるZアタッカーとしても良かったが、この構築ではカプ・テテフが守って、隣に並ぶポケモンが何か行動をすることによって、状況が好転する場面が少ないことや、上記のバルジーナだと、相手のバルジーナを相手にすることができないので、強い打点を持ちたくて、こだわりメガネを持たせた。

ねこだましトリックルームで入ってくるガチガチのトリパ相手には、ウインディと並べて、ほえるでトリックルーム起動を阻止し、その隣を高威力の技で殴って、ダメージを稼いでいく。

 

ムウマージ

某ブログから配分を拝借。スカーフガブリアスのじしんを打ちやすくするために、このポケモンに白羽の矢が立った。

浮いてて電気弱点ではなく、適度に速くて、小技も充実していて、小回りが利く便利なポケモンって感じがした。ただ火力は控えめなので、選出する場合は他のアタッカーのhp管理は丁寧に。他のポケモンのhp管理を丁寧に行うことで、ほろびのうたでの詰めもしやすかった。

おにびについては使用頻度がとても低かったので、再考の余地あり。

 

・カミツルギ

某配分。雨おいかぜゴルダックがどうしようもないので、雨Zハイドロポンプを耐えるようにとつげきチョッキをもたせた。Zリーフブレードが好きなので、本当はクサZを持たせたいけど、雨パがとてもつらいのでしぶしぶとつげきチョッキ

 

続きを読む

カミツルギビートダウン

Kartana @ Grassium Z
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 116 Atk / 140 SpD / 252 Spe
Jolly Nature
- Leaf Blade
- Smart Strike
- Sacred Sword
- Detect

Talonflame @ Flyinium Z
Ability: Gale Wings
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Adamant Nature
- Brave Bird
- Flare Blitz
- Tailwind
- Protect

Tapu Fini @ Choice Specs
Ability: Misty Surge
Level: 50
EVs: 236 HP / 244 SpA / 28 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Muddy Water
- Moonblast
- Dazzling Gleam
- Scald

Garchomp @ Choice Scarf
Ability: Rough Skin
Level: 50
EVs: 28 HP / 252 Atk / 4 Def / 4 SpD / 220 Spe
Adamant Nature
- Earthquake
- Dragon Claw
- Rock Slide
- Poison Jab

Snorlax @ Figy Berry
Ability: Gluttony
Level: 50
EVs: 68 HP / 92 Atk / 244 Def / 100 SpD / 4 Spe
Adamant Nature
- Return
- High Horsepower
- Curse
- Protect

Tapu Koko @ Focus Sash
Ability: Electric Surge
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Thunderbolt
- Dazzling Gleam
- Hidden Power [Ground]
- Protect

 

 

・カミツルギ

某配分。きあいのタスキじゃないから後投げも割としやすい。

後発にいることが多い。

 

ファイアロー

はやてのつばさが弱体化したものの、それでもおいかぜの起動要員としては優秀。

A補正でもカミツルギやキュウコンよりも速くて、炎打点を持てて、さらに優先度1のおいかぜもできる。まさに今使うべきポケモンなんじゃなかろうか。

 

・カプ・レヒレ

おいかぜに乗って出てくる守り神。だくりゅうで相手2匹を雑に半分近く削れるので、重宝している。

だくりゅうを外して負けた対戦よりも、追加効果で避けて勝った対戦のほうが多い。

 

ガブリアス

相手の電気の迅速処理のためにこだわりスカーフで採用。初手でファイアローと並んで、じしんで雑に削り、カプ・レヒレに繋げたり繋げなかったりする。

実数値200は強い。

 

カビゴン

vsトリパを担う駒。相手のptにポリゴン2やヤレユータン等のトリックルーム要素が見えたら選出する。自身がトリパを使っていて、処理するのが大変そうだなと思ったのがのろいカビゴンだったので、そのまま突っ込んだ。

 

・カプ・コケコ

雨おいかぜゴルダックみたいなのが嫌なので、きあいのタスキを持たせた。デンジュモクでもいいかなと思ったけれど、速い、味方を巻き込まない一致範囲技を持つ、型が多いため持ち物や技の判別がつきにくい等の理由でカプ・コケコにした。

 

続きを読む

霰ゴンゴン

Ninetales-Alola @ Eject Button
Ability: Snow Warning
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Blizzard
- Aurora Veil
- Encore
- Protect

Porygon-Z @ Normalium Z
Ability: Adaptability
Level: 50
EVs: 116 HP / 4 Def / 132 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Blizzard
- Hyper Beam
- Conversion
- Protect

Comfey @ Sitrus Berry
Ability: Triage
Level: 50
EVs: 252 HP / 180 Def / 76 SpD
Calm Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Floral Healing
- Helping Hand
- Trick Room
- Protect

Snorlax @ Figy Berry
Ability: Gluttony
Level: 50
EVs: 68 HP / 36 Atk / 212 Def / 188 SpD / 4 Spe
Impish Nature
- Return
- Rock Slide
- Belly Drum
- Protect

Arcanine @ Leftovers
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 252 HP / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Flamethrower
- Will-O-Wisp
- Snarl
- Protect

Clefairy @ Eviolite
Ability: Friend Guard
Level: 50
EVs: 252 HP / 140 Def / 116 SpD
Sassy Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Follow Me
- Heal Pulse
- After You
- Protect


使っててとても楽しい構築。

アタッカーがポリゴンZカビゴンの2匹なので、選出段階でどちらで攻めるかを考えて選出する。

ポリゴンZで攻める場合はZテクスチャーからのふぶきを通すように、カビゴンで攻める場合はポリゴンZのウルトラダッシュアタックで相手の残数を減らして、トリックルーム中にカビゴンで攻めきれるようにプレイする。

 

vsガラガラはまあまあつらい。ふぶきでしか倒せない。

vsメタグロスはとてもつらい。むり。

 

能力上昇したアタッカーで全体技を打つのはとても楽しい。

✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

 

続きを読む

ゼルネレックの気づきメモ

ゼルネアスを上手に使ってみたかったのと、世界大会に影響されて少し回していました。
レックウザはともかくゼルネアスは個人の好みがあるので書きません。

一般枠4匹について、さらっと思ったことを書きました。

 

Scrafty @ Lum Berry
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 252 HP / 204 Atk / 12 Def  / 36 SpD
Sassy Nature
- Knock Off
- Low Kick
- Quick Guard
- Fake Out

Talonflame @ Sky Plate
Ability: Gale Wings
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Jolly Nature
- Brave Bird
- Taunt
- Will-O-Wisp
- Tailwind

Amoonguss @ Red Card
Ability: Regenerator
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD
Relaxed Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Grass Knot
- Spore
- Rage Powder
- Protect

Meowstic @ Chesto Berry
Ability: Prankster
Level: 50
EVs: 236 HP / 124 SpD / 148 Spe
Jolly Nature
- Yawn
- Quick Guard
- Heal Bell
- Fake Out


ズルズキン

・231雨しおふき耐え、いかく込で146いのちのたまブレイブバード、255だんがいのつるぎ+晴れほのおのパンチ耐え。

・火力に期待をしていなかったので、少しでも場持ちをよくするドレインパンチでもいいかなって思っていたけれど、グラードンのみがわりを壊さなければいけないので、やっぱりけたぐり。

・頑張ってナットレイを倒したい。

・耐久が高いので、先発からでも後発からでもいい感じ。

努力値4を素早さに回すと、素早さ22、34のポケモンが打つジャイロボールのダメージが1あがるので、4余り。

 

ファイアロー

・禁止伝説枠が両方積み技を使うので、おにびで相手の物理ポケモンを弱める。相手のレックウザの上から打てるのがとても偉い。相手のレックウザきあいのタスキを潰せるのがとても良い。

・ちょうはつは1本勝負だと打つ機会は少ない気がする。技や持ち物が割れるマッチ戦だと有用に働くような気がするけれども、マッチ戦をする機会がない。たまにピンポイントで読んでゼルネアスに打つ。

フレアドライブは打つ機会がないと判断した。打ちたい相手はクチートドータクンの鋼連中だけど、火力強化アイテムじゃないからダメージ期待できないし、何より打てる余裕は無いんじゃないかって思った。

 

モロバレル

ナットレイ以外の鋼タイプの攻撃を受けてもらうために物理防御に特化させた。

・レッドカードは能力が上がった相手のゼルネアスを飛ばす以外にも、トリックルーム中に相手のドータクンのジャイロボールを吸って後発を連れてきて、そこにこちらのゼルネアスマジカルシャインを打ち込むプレイが出来る。とても楽しい。

・相手の攻めのテンポを崩す大事なポケモン

 

ニャオニクス

・どうやって掘り出されたのかが、分からないから何も言えない。最初に使おうと思った人は凄い。
・いやしのすずはいやしのはどうと違って、味方のポケモンがまもるを選択していても状態異常の回復ができる。
・確証がなかったので、わざわざ夜中にひみつきちのハピナスたちとトリプルバトルをして確かめた。

マニューラグッドスタッフ

 
 種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
 マニューラ  きあいのタスキ  つららおとし  はたきおとす  ローキック  ねこだまし
 ラティオス  いのちのたま  りゅうせいぐん  サイコキネシス  おいかぜ  まもる
 サンダー  いかずちプレート  10まんボルト  ほうでん  めざめるパワー  はねやすめ
 エンテイ  たべのこし  せいなるほのお  バークアウト  みがわり  まもる
 ギャラドス  ゴツゴツメット  たきのぼり  でんじは  どくどく  ちょうはつ
 トリトドン  オボンのみ  だいちのちから  こごえるかぜ  じこさいせい  まもる


某所でヤミラミカビゴン太鼓暗示を回して遊んでいたが飽きたので、構築を考えた。

マニューラ+αではじめて、S操作を駆使しつつ上から殴るビートダウン。
流行に合わせて、ギャラドスの持ち物がソクノだったりラムだったり、トリトドンがオボンだったりリンドだったり変わるのかなと書きながら思った。
全体的にトリトドンが重めなので、サンダーのめざめるパワーは草。

トリトドンとサンダーとエンテイの3匹が私好みの非常にいやらしい感じがする。

机上で組んでいくとき、種族値高めでS操作がいっぱいあると強そうに見える不思議。

当然、回してない。弱かったらこの記事消します。

グラゼルネ

 
 種族 持ち物 技1 技2 技3 技4
 ガルーラ  ガルーラナイト  すてみタックル  けたぐり  まもる  ねこだまし
 ボーマンダ  ボーマンダナイト  ハイパーボイス  すてみタックル  ほえる  まもる
 グラードン  べにいろのたま  だんがいのつるぎ  ほのおのパンチ  いわなだれ  まもる
 ゼルネアス  パワフルハーブ  ムーンフォース  マジカルシャイン  ジオコントロール  まもる
 ドーブル  きあいのタスキ  ダークホール  トリックガード  ニードルガード  ねこだまし
 クレセリア  オボンのみ  サイコキネシス  こごえるかぜ  てだすけ  トリックルーム

 逃げ続けてきたグラゼルネへの挑戦。だいたいの配分は以下の通り。

ようきガルーラ A244 S252 HBD4
むじゃきボーマンダ  H4 CS252
いじっぱりグラードン 202大地耐え、S実数値127、残りA
ひかえめゼルネアス 耐久がっつり、Cもそこそこ、S実数値127
ようきドーブル H4 BS252
ひかえめクレセリア C実数値136、S実数値113、残りH

やっぱりGSはメガシンカ2匹、禁止伝説2匹、邪悪なポケモン2匹で構築するのが強いんじゃないかなって思いました。

GSの構築や立ち回りの考え方について、腹に抱えてるものが人それぞれあると思うんですが、私は大なり小なり択ゲーは発生してしまうものだから、どっちに転んでも美味しい展開に持ち込めるようなプレイを心がけるべきではないかと考えました。

そのためには、なるべく取れる攻め筋は多いほうが良いので、元々の種族値が高く雑に扱っても即死しないポケモンで構築したり、役割を決めて技スペースの無駄を省いたりするのを留意しました。

ついでながら、このルールに於いて無視できないポケモンであるドーブルについてや、詳細な立ち回りなどを書こうと思ったが、それを書くには余白が狭すぎる。
 
 以下、個別に衝動的な殴り書き。
 
メガシンカ枠その1ガルーラ
雑に扱っても強いし、丁寧に扱えばもっと強い。まもりながら、こごえるかぜやトリックルームを使うことでなるべく被弾しないように、常に上から殴れるように立ち回る。
ゲンガーを止めたり、ぶん殴るために特性はきもったま。
ドーブル処理能力が高いのがかなり好き。
 
ほえるで一切合切のトリックルーム起動を止めるというのは、起動役がドーブルクレセリアだった場合を考慮すると信用ならないので好みではないが、ラムのみかメンタルハーブのどちらかを持っていて、打点もジャイロボールしかないようなドータクンを軸に据えるタイプのトリパに対しては、ボーマンダのほえるはかなり信用できるものであると考えている。
だから、ほえる相手はグラカイのドータクンとか一部の滅びとか害悪とかその辺になると思う。ただ、腐るときは腐るし技スペの無駄感は否めない。
この構築に追い風は合わない。どうせ相手に追い風起動されたら上取られちゃうし。

禁止伝説枠その1グラードン
中速程度のすばやさ調整になっているが、これがベターなのか分からない。積極的トリックルームをするような構築ではないので、初速で最速以外の90族禁止伝説に負けなきゃいいかなって思ったのと、攻め筋を増やせるようにこごえるかぜ後に相手のメガボーマンダを抜いている状態を作るためにS127に設定した。ただ、威嚇を受けてそうなグラードンボーマンダを殴る必要があるかと言われるとかなり疑問なので、少し削ってHやらAに回すのがいいのかもしれない。S120や124とかでもいいんじゃないかな。vsカイオーガの肝。
この構築の中で動かすのに最も頭が要るポケモン

禁止伝説枠その2ゼルネアス
ひかえめを使ってみたかった。寝るか積まれるかの択を迫り、どっちに転んでも美味しいを体現するポケモン
互いに積んだ状態になったときは急所や追加効果を引かないようにお祈りをする。

邪悪なポケモン枠その1ドーブル
ニードルガードねこだましを両方採用することで、1ターン目を柔軟に行動できる。
ゼルネアスが耐久振りである点、全体的に害悪耐性が低い点を考慮し、トリックガードを採用した。
居るだけでこのゆびとまれしてるようなポケモンなので、このゆびとまれを切る技構成となった。

邪悪なポケモン枠その2クレセリア
Cにだいぶ努力値を回すことで邪悪なポケモンと化した。こごえるかぜで無邪気メガボーマンダをだいたい2発で倒せるし、こごえるかぜ+だんがいのつるぎサイコキネシスで無振りガルーラはだいたい落とせるはず。C高いサイコキネシスグラードンへの打点にもなる。手助けは死に際はもちろんのこと、上から殴りやすいすてみタックルマジカルシャインだんがいのつるぎの範囲攻撃をサポートすることで、相手を確定で倒し、数的有利を狙う。
この構築の中核。

 

 

 

追記(6月23日)
実はこの構築1度も回さずに書きました。
書いてからちょっと回した結果、ドーブルの技構成は ねこだまし フェイント ワイドガード ダークホール に変わりました。トリックガードとは何だったのか。